デスボイスを考察する会(1人)

物好きがデスボイスを考えてます。

「誰でもすぐに」デスボイスは出来るか という話


スポンサードリンク

 

お疲れ様です、久しぶりにジョナサンでパフェを食べました。

モチベがあるので、連日更新します。

 

 

本題ですが、出来ます。

まぁこれは断言して良いと思います。

 

どこからがデスボイスやねんというのは置いておきます、過去記事はパッとしなかったので引用もしません。

音が乱れてきてればデスボイスの領域で良いと思います、だから咳き込みでも良いんです。

 

みんな大好き誰でも即時発声が完璧に出来る無いです、当たり前ですが。

このタイトルはその通り「デスボイスにカテゴライズされる音が出せる」程度ですね。

 

「痛い!できない!」という意見もあるでしょうが、それはこっちを。

 

falsechord.hatenablog.com

また、「デスボイス」であれば良ければ吸気でも良いわけです。

falsechord.hatenablog.com

簡単です、出すだけなら。

 

「ボイトレとか必要じゃないの?」という意見はごもっともです。

が、リスクを恐れすぎずに進めば、今のコンディションで出る人がほとんどでしょう。

 

「歌う」となればちょっと変わりますが、「出す」だけなら出来るでしょう。

「出したい!」というだけなら

ある一点のバランスを狙って誘導してあげる

これだけで済むわけです、音高なり動きが生じたら崩れるのは明白ですが。

 

僕のレッスンでは、実際これを第一目標にしてます。

簡単な話で、仮声帯を動かす感じを掴まないと発展が難しいと思うからです。

また、未来の自由度と言っても見えない描けないものに突き進める人は少ないでしょう。

なので、「楽しさ」に重きを置いて、デスボイスたる音を出す一点狙いです。

 

で、これが出来てます、50人弱来てくれた方ほぼ出来ました。

 

上手く鳴らなかった人もいましたが、アフターケアで解決してます、僕以外の力もありきですが...

まぁそれは僕の指導力の話しになるので、今回は置いといて

実際、デスボイスは今すぐ達成出来る音です。

ただ、歌えるかは練習次第さ~というだけですね。

※教えてるのは基本呼気のフォールスコードです。

 

呼気or吸気、この2択を頂ければ1時間で音は出せます、余裕です。

その先とか、喉は偏らないかとか、諸問題はありますが、出るは出ます。

このことを知って、壁を取っ払って貰えればなぁとですね。

 

出ない場合、それは発声法に偏見がある場合がほとんどでしょう、マジで。

裏声を見直してください、出ます。

それでもわかなければ、あるいは音を聴きたければレッスンですね。

まぁ、そういう模索の時間をショートカット出来ると思えば、5000円も安いですよ(他人事

 

でも、僕も人から習うと実際思いますこれは。

結構、簡単でも気付けないで沼にハマってることばかりですよ人間。

これだけ僕が「裏声だ仮声帯だ」とか、咳き込みだエッジボイスだと言っても

おそらく、これを読んだ人は対極的視点に立ち、発信者の意図を汲むのでなく

自分に落とし込み、自身の物差しにおけるその現象を元に取り組むでしょう。

これが結構厄介です。

 

体験へのコストは、そういった固定概念の打破に価値を見出すものです。

「もしかして、自分はなにもわかってない?」と気付けたなら、レッスンなり何か他者を頼るべきでしょう。

身近に詳しい人がいないで困って、ようやく足を運ぶ先でしょうけどね。

それくらいで良いと思いますが

とにかく、自分の「普通」を疑うこと

これをしてみると、出来ない出来ないって人は変わるかなと思います、自戒でもあります。

 

自分の可能性を信じて1歩踏み出しましょう。