デスボイスを考察する会(1人)

物好きがデスボイスを考えてます。

動画を投稿しました デスボイスの出し方を見る前に裏声を見直せという話


スポンサードリンク

 

お疲れ様です、最近はクトゥルフ神話TRPGにハマってます。

レッスン受けたりもしましたが、今回は投稿動画の話しです。

 

www.youtube.com

約半年ぶりの動画ですが、手の抜きようが伺えます。

 

中身の話しですが

裏声が裏声じゃなくなって喉痛めてるでしょ

って話です。

 

デスボイスを出すにあたっての大体の2ステップ

・仮声帯を鳴らす

・声帯の動きを裏声にする

って感じだと思います、これ恐らくどのHow to等にも言えるかなぁと。

 

これにあたり、まぁ誘導はどうあれですね、痛める人が多いわけです。

 

喉を痛めるって事象の大半は「声帯に対して呼気圧が異様に高い」ことでしょう。

よく言う「喉締め発声」ってのは、とてもぎっちぎちな所に呼気を通す

これが、相対的に過度な呼気となり、疲労に繋がりますね、疲労ってか負荷。

 

デスボイスってのは仮声帯も動かさにゃなりません、それも大きく。

我々の声帯ってのはベルヌーイの定理によって声を成します、ググってください。

簡単に言えば、呼気によって声帯の両弁が引き寄せられあたるって感じですね。

これを仮声帯でもやらなきゃならないんです、声帯もそれをしつつ。

 

となると、当然声帯より上へ呼気を多く漏らさねばならない。

ただ、開きすぎててもまず仮声帯が遠すぎる。

そこで、適切な開大の距離が要るわけですね。

 

声帯も閉鎖へは向かいつつ、仮声帯も閉鎖を促す。

これに付随して、声帯上部への呼気量にも気を遣う。

ざっくり言ってこれがデスボイスでしょう。

 

※「閉鎖」ですが、呼気はガバガバで大丈夫です、とりあえず

 

なので、まずは声帯で受け止め過ぎない声...広義の裏声を見つけましょうって事です。

もちろん、混ざってても良いには良いんですが

それだと呼気吹き込みで歪みって音を見つける手法が出来なくなる

受け止め過ぎる状態で吹き込めば声帯を痛めるじゃんってなるので、避けたいです。

 

身体ってのは、まず動く事が大切です。

この「仮声帯の内転運動」...で良いかな、歪みですね。

不格好であれ、これを実際に行うことが重要だと考えています。

これがスタート地点だと思います、はい。

 

そういうお話しでした、出来ないで困ってる人に届いてくれ。

割と、反応を見るにそんな鳴らない人いないんじゃないかなぁって勝手に思ってます。

反応せぇや!ということでは無いですが、情報の偏りは避けたいですね。

ついでに、鳴る人は仮声帯下の声帯と呼気でどうにでも声は変わるので、頑張ってください。