デスボイスを考察する会(1人)

物好きがデスボイスを考えてます。

今の若い人に読んでほしい本「バカの壁」


スポンサードリンク

面白い本があったので、お勧めみたいな感じです。

 

バカの壁 (新潮新書)

バカの壁 (新潮新書)

 

 こちらですね、多分有名なんでしょう。

 

4月頃に友人から「読んだら我が意を得たりってなりそう」と勧めて貰ってまして

就活もまぁ落ち着いてきてたり、別の勧められたのも買うついでにですね。

ちなみにメルカリで333円でたくさんあります、リンクのアマゾンから買うと僕に少しお金は入りますが。

 

そこはどうでも良くて...

 

もちろん事細かにどうとかは書くわけでも無いですが

今の若い世代が抱いている抽象的な不服感みたいなのが文章化されているかなぁと。

この著者の養老氏がまたお上手なんでしょうね、考えている事をアウトプットされたような気分になると思います。

 

中身を少し紹介すると

なんで「話しが通じない人がいるか」から始まり「今与えられた社会はどうか」みたいな話しです、大体。

別に著者の主張が全て正しいと言いたいわけではないです。

ただ「やっぱそうだよな!」となる人は僕も含めて多いかなぁと感じました。

これが後知恵バイアス、経営概論で習いました。

 

200pほどで文字も大きめと、読書に抵抗がある人でも読みやすいボリュームかな?と思います。

個人的には脳についてあたりは流し読みで良いかと、最近新たな論文でた所で前頭葉がって感じですしね、今の学説と少し変わってそうです。

まぁ僕もそんな勉強できてないし読んだ他の本も古いんであれですけどね、えぇ。

 

言いたいことを端的に言えば

日本社会に不満を持っている人は読むと面白そう

って所です。

要るなと思う事は色々書いてますけどね、個人的に。

 

実践的でなくともこういう所からデスボイスなり芸能全般関わってると思うので

意欲があれば是非どうぞ、良い友人を持った。