デスボイスを考察する会(1人)

物好きがデスボイスを考えてます。

今日から君もボーカル!大学デビューをキメろ!


スポンサードリンク

※ボイトレもデスボイスも関係ではないです。

 

お疲れ様です。

早くも一年が経ち、進学や進級や就職、あるいは学生エクストラステージが始まった季節ですね。

僕は今年がエクストラステージです、色々頑張ります。

 

さて、ここで音楽が好きな高校・大学新入生諸君は軽音部orサークルに興味があることでしょう、学校にあれば。

そこで、今回はボイストレーナー(?)ではなく、軽音サークルのボーカルとして

学生ボーカリスト初心者の疑問を払拭出来ればなとですね。

 

軽音サークルに絞って、進めていきたいと思います。

よろしければどうぞ。

 

 

まず、改めて僕がどんなあれやこれやだったかですね。

サークル略歴を書きますと...

一回生時...武蔵野大学軽音同好会 入部(所属大 オールジャンルサー)

二回生時...代表になる、他方で上智大学SophiaSoundShip入部(インカレ メタサー)

四回生時...法政大学 音楽企画倶楽部 入部(インカレ メタサー)

となります、ほぼこれです。

 

今回は基本的にオールジャンルサークルを前提にお話ししていきましょう。

 

Q1.どれくらい上手ければボーカルで良いの?

これは割と思う所ある人はいるかもしれません。

僕はバンドど素人で始めましたが、局所的需要とポテンシャルを買われた所が大きかったです。

オールジャンルにいる体感として、カラオケで85点以上出せるねって感じの人が多いです。

統計としてはガバガバですが、実際問題として「めちゃくちゃ上手い」ってレベル、そういません、ご安心ください。

もちろん、時にはアホ程上手い人もいます、もちろんね。

ただサークルは上手い極少数で回すものでもないわけです、ボーカルは特に。

基本的には「好きな曲を楽しく合わせる」が最大の目的です。

外のバンドだと色々変わりますが、サークルで酷くボーカルを拘る人は少ないでしょう。

まぁ僕然り変わった発声だったり、「これはアイツだね」みたいなのはあったりします。

それでも最初はフラットなスタート地点なので、同級生間では頑張り次第でしょう。

先輩にいる場合はありますが、それは情熱と図太さで克服しましょう、そのうちいなくなりますし。

 

少しずれましたが、回答としては

A1.スタートとしてはそれなりに歌える(自負)くらいで十分

となります。

正直ウマけりゃそれだけで良いわけでもないですしね、歌は面倒なのです。

 

 

Q2.ライブを成功させるにはどうすれば良い?

これもまぁあると思います。

早い話しで

A2.部員全員と仲良くあれ

で間違いないですね、基本的に。

 

まず、「成功」の定義が難しい所ですが「上手くいったぞ」が欲しいわけでしょう。

もちろん練習も要るわけですが、仮想敵バンド初心者で書いてますので初心者はですね

ライブの独特な空気感にやられがちです。

やってると慣れるんですが、まぁ地蔵(ただ立って見ること)が多いです。

なので大体、どこにも盛り上げ要員となる人はいます。

残念かもしれませんが、そう簡単に人が最高にハイになることはないのです。

そこで要るのがコミュ力ですね。

僕の場合、メタサーは武者修行だったので己との勝負で別として、オールジャンルは結構ジャンルに助けられてます。

でも代表してたり3学年くらいは仲良い人が多かったりと、言うなれば「サークル内の知名度はあります、最近疎遠になりがちですが。

ただ、実際これだけで強いです。

これで仲良い先輩や同輩が、何かしらアクションをしてアクト(出番、演奏のこと)を手助けしてくれます。

客席から見ても動いている人が多ければプラスに見えますし、やってる側としても前に人がいるだけでかなり印象は変わります。

結果、「良いアクトでしたね」が成立します。

 

これ外のバンドでも基本で、仲良い人は多くて損は少ないです。

せっかく同じサークルに入るんですし、好きなバンドの被るか否か問わず色んな人と交流を持ちましょう。

 

 

Q3.というかバンドってどう組むの?

そもそもこれですよね。

A3.SNSなり部会を活用して積極的に巻き込んでいけ

こういうことです。

僕はメタサーだとお声がけ頂いたり、結構待ちでやってますけどね!!!!

でもそれも「いわおはこれくらい出来る人間だし」という見込みがついているからですね。

それを誇示するために、まずは組まねばならんのです。

 

基本的に、大抵のサークルは先輩が誘導して組んでくれたりすると思います。

あるいは、固定で今年度その人たちとねってされる場合もあるようです、所属大の他サーはそうですね。

こういった受け身でのバンド、相当引き運ないとキツくなります。

 

というのも、初心者諸君はいまいち想像がつかないでしょう。

バンド練習って、狭い空間に2時間前後 一緒にいる事を強いられるわけです。

人って合う合わないありますから、その辺ですね。

余談ですが、4大合同で他大の人と組んだ時、メタサーだったのもあって僕以外ロン毛で初対面のバンド練は凄い空気で全員終始無言でした...今は3人とも気軽にお話しできますが、それから半年以上後でしたね、そっちのサークルにも入ってからとかで...

なので、前もって絡みを持って相手を知っておくとベターなのです。

ついでに言ってしまえば、楽器隊が上手い方がそりゃ得です。

サークルの人数が多かったりすると、割とメンバーが勝手に固定化したりするので、どうやってそれをメイクするかですね。

そんなわけなので、Q2とも重複しますが、顔は広くて損は少ないです。

 

 

.........................................................................................................................

 

 

結構基本的なことだけ書きました。

多分こんなくらいなら先輩が教えてくれたりするでしょう、実際そうした方が良いですコミュニケーションの一環として。

 

これ書いて読む人が何人いるかわかりませんが、代表やってると抜けて行く人はどうしても気にかかるのです。

こちらで配慮しても人間関係だったり、本人の意思だったり環境次第でどうにもならなかったりします。

 

入ったサークルなら、可能なら4年間楽しくやって欲しいわけですね。

そのためには、どうしても当人の努力も必要なわけです。

なんのサークルでもですが、特に2年生は新入生に親身に教えてくれるでしょう、頼ると良いです。

 

でも、もし合わないなと感じたら即辞めましょう、団体自体を変えるより環境を変えた方が現実的です。

インカレってググれば割と出てきますしね、所属大学に縛られても損です。

もしメタルサークルをお探しの方がいれば軽く紹介くらいは出来ますよ、関東圏くらいの(2017年現在)。

SSSは実質の休止中なので、音企に入るってわけでなくてもお困りならお問い合わせください。

実際興味があるサークルのTwitterアカウントにDMが丸いですがね、決まってれば。

 

よりよいバンドライフをお祈りしています。