読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デスボイスを考察する会(1人)

物好きがデスボイスを考えてます。

散文


スポンサードリンク

お疲れ様です。

前回の記事から

falsechord.hatenablog.com

色々思いを巡らせてるので、思考整理の記事です。

 

 

まず、声は力ですね。

なぜ歌うのか、楽しいからか褒められたいからか...

他者評価が中毒になる人もいますが、結局のところ僕は前者でした。

もしかしたら、まだ前者しか見えていないのかもですね。

 

明らかに一歩違う段階に入った事が結構大きなことでして、個人的に。

今は色々出来る範囲で模索してます。

例えば、説明会って朝早いと眠いんですが

うとうとしてる時ってなかなか良い機会な気がしたんですよね。

眠りに落ちるか否か、睡眠欲に屈するか否かで揺れ動いている所で

その曖昧な境界線上みたいな所を如何に維持するか、コントロールするかですね。

歌になんも関係ないやんけ!と思われそうですが、まぁでもあれも近いわけなんです。

この点は脳科学なり心理学からまた掘り下げたいなと思います、就活終わり次第。

 

また、これって絶対に別の分野でも起こり得ますよね。

要は「最高のパフォーマンスを発揮している状態に酔う」わけです、一側面で見れば。

今後、人生において仕事は避けられないわけなので

何か職において、その状態を目指してみようと考えています。

仮にそれが上手くいけば改めて声に還元しますし、無理なら比較して試行錯誤ですね。

人間はすげぇので多分どうにかなるでしょう、気持ちの問題ですねまさに。

 

あとはマインドセットをどうにかしたいなぁと考えています。

徳久先生にお世話になった時ですね

falsechord.hatenablog.com

これです。

「その芸能が生まれた環境をイメージしてみよう」みたいな指示を受け、良い具合になれましたと。

また、自然でこそ人間は真価が発揮されるとですね。

と言う事もあって、全て自然と捉えられたら良くね?となってます。

自然はどこからなのか、人工とはなんなのか...

って話を面接でしたら無事祈られました。

我々はあまりにも固定概念にとらわれ過ぎていると考えています。

建造物が「社会」を彷彿とさせるだけで、それはあくまで社会通念と分けて考えられるのではないかなぁと。

森で住んでても体育会系で、長の前では萎縮するとか大いにあり得るでしょうし。

人間なので、社会性は保ちつつも、どうにか日常から自然を見出し、溶け込み、発揮することを目指したいです。

抑圧からの解放を外の要因ではなく内の要因でですね、気の持ちようでしょう(根性論

 

今見てきた事が多いと「これはすべき!」とか言いたくなる気持ちもわきますが、絶対にこれはシェア出来ないんですよね。

無固形物で適切な例えが出来ないとなるとですね、不可です。

それもあまり釈然としないので、まずは己でこれを突き詰める事ですね。

その過程で、歌う事以外にも転用出来なければそれは真に理解したことにはならんだろうなぁと。

程度はあれどですね、とりあえずまずは可か不可かの見極めを努めていきたい所存です。

 

大体何言ってるかよくわからないと思いますが、私的メモに近いので結構です。

デスボイスはやっぱり効果的と思うんですけどねぇ、メタルってジャンル込みで。

快の追及のまだまだ始まりというか、でもやっとですね~~~長かったかなぁ~~~

春休みあけたら教授にも相談します、不快の理由とか滅入るから後回しで....