読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デスボイスを考察する会(1人)

物好きがデスボイスを考えてます。

0から始める「デスボイス」を出す方法、経路を考える


スポンサードリンク

 

お疲れ様です、今日本で一番デスボイスを熟知している人こといわおです。

※当社調べ、ソース無し

 

今回は、色々書いてきましたが敢えて

デスボイスが好きでない人が歌えるようになるまで

を考えてみようと思います。

考えるっても、前の記事をまとめたりですね、なのでまさに「経路」です。

 

ざっくり2つで終わってしまいました。

1週間かけてこれをこなせば多分もうデスボイスの虜です、多分。

騙されたと思ってお試しください。

 

 

①デスボイスを好きになる

より正確にはメタルを好きになる所からですが...

falsechord.hatenablog.com

ここで色々言ってますね。

で、もう少し具体的なアプローチの提案をしていきたいと思います。

 

被験者のスタート地点をEXILEグループが好きな方としましょう。

www.youtube.com

ここから

www.youtube.com

これを目指しましょうか...

 

上記の2つの共通項を挙げると

・12平均律の枠で収まっている

・パーカスがアクセントとして良い感じ

くらいですかね、設定しておいてもう詰んでる気がします。

 

もちろんこんな、EXILEからCannibal Corpse(以下カニコー)にいきなり飛ぶのは馬鹿です。

これをするから嫌われるわけです。

では、近づいていくプロセスを真面目に考えましょう。

 

 

1.BPMを上げる

大事な事ですね、テンポです。

まず比べてみましょう。

EXILE / Ki・mi・ni・mu・chu - BPM152

Cannibal Corpse / Hammer Smashed Face - 大体BPM200弱(ころころ変わってる?)

時期によりますけど、メタルって音源におけるBPMかっちりしてなかったりもよくあります、そこも良いんです。

 

で、まぁBPM50前後も差があればこりゃ速い過ぎるんです。

多分一般的にはBPM180でも速いと思います。

www.youtube.com

曲では無いですが、これですね。

でも、もしタブ開いてましに1分でもカニコーを聴いてたら

「180ってそんなに速くもなくね?」

となると思います、大多数は。

 

結構テンポって相対的に感じがちだと思います、だからこそリズムキープって出来る事が凄いんですけどね。

なので、まず速い曲を聴きましょう。

 

速いで、且つメジャーだとどこですかね...

と、ググってみると意外なものが。

www.youtube.com

バンプの「カルマ」くん、BPM195らしいです。

まぁ確かにという感じでした、計るのが難しくてざっくりですが。

まぁつまりもうこれで実際

バンプとカニコーは同じようなものです(論理の飛躍

良いですね、これぐらいで良いんです。

 

流石にバンプを聴けないでEXILEしか聴けない人はごく少数でしょう。

もちろん好みはありますが、それでも「受け付けない」事は無いと思います。

もし受け付けなければまた違う、ポップカルチャー寄りの物を探せば流石にあるはずです。

というか、EXILEから考えるならEDMとか速いは速いのでは...

 

とりあえず、BPMについてはこれで良しとしましょう。

つまりは「より速いものを聴いて相対的に遅くする」事ですね。

簡単にできますよ。

 

 

2.メタルを好きになる

まぁだからと言って、まだまだカニコーには遠いわけです。

「音がうるせぇんだよ!!!」という感想が出るでしょう。

そこで、以前の記事でも書いた事を目指していきます。

 

www.youtube.com

僕は結構アイドルソングにこそポップカルチャーが詰まっていると思うので。

これ結構やかましいとは思います。

そもそも女性ボーカルが~とかもあるでしょうし、歌手でなくアイドルは~とかあると思いますが、そういう点は置いといてください。

 

ここでは楽曲における音への情報処理能力を培います。

 

例にはAKB48の、昔の楽曲を使いましたが何でも良いです。

僕はこの辺とかオススメです。

www.youtube.com

ゲームミュージックですね。

ポップスよりもベースライン等の主張が激しく、耳につきやすいと思います。

パーカスも主旋律と比較して主張が激しい感じします。

つまりは楽曲の音全体を聴く耳を目指せというわけです。

これやっても「好み」は付きまといますが、君に夢中だった頃よりかは色んな音楽を聴けるようになっているでしょう。

 

また、メタルはなんと言ってもディストーションギターが魅力のひとつです。

このギターも音づくりでどうこうあるでしょうが、ひとまず置いといて...

リフを好きになれるのがベストですが、やはりソロの方が好きになりやすいと思いますので、そちら推奨です。

 

ギターソロとは

www.youtube.com

国産メロディックデスメタルの代名詞Veiled in Scarletです。

この曲だと02:30~ですね、どんなジャンルでも2番おわりくらいに設けられる事が多いです。

ギターが主役のパートですね。

これで一気にグッとメタルに近づきましたね、でもこれインスト(ボーカルがない楽曲)を好きにもなる道が見えてしまうのではまぁそこは...

ちなみに、リフは逆に各所で繰り返されてる進行パターンですね。

 

で、これをメタルで無いとなるとですね

www.youtube.com

こういった「弾いてみた」の系統は耳馴染みがある曲をやりたい放題してくれてると思います。

 アニメタルとかも良いかもですね。

 

ここまでくればきっとあなたもメタルを「聴ける」でしょうし、ふとした時に再生する選択肢には入ってるかと思います、入っててくれ。

 

 

3.デスボイスを聴けるようになる

最強のハードルですが、いよいよです。

まぁここまで順調に進めた人(いたらこんな項目なくとも聴けそう)はここも乗り越えられるでしょう。

 

まず、カニコーより程良い日本の素敵なカルチャーの筆頭ですね。

www.youtube.com

マキシマム・ザ・ホルモンです、僕はサークルで1人3役やり過ぎて好きじゃなくなりました。

ただこれ本当によく出来てて、歌詞が動画だと出てますね。

終始意味があんまりないです。

これはひとつ音楽の原点回帰を彷彿とさせる感じしました。

言語を伝達手段でなく音韻に着目した装飾手段として用いています。

なので、言ってる言葉は理解自体は出来つつ、音を楽しめるわけです。

リリックの本質とはどこにあるのか、まぁアーティスト次第ですね。

 

正直もうこれ聴ければカニコーは聴けるかなぁと...

あるいは、もっと意味が欲しいのなら...

www.youtube.com

Crossfaithのこちら、圧倒的にオススメです。

これは歌ってても楽しいですしね、後々捗ります。

 

他にも「邦ラウド」という括りでたくさんのバンドがあります。

様々ありますので、好きなものを見つける事も難しくない感ぁと。

 

以上がファーストステップです。

多分、これをした上でまたカニコーを聴いてみると多少は変わるかなぁと...

 

そうなんです、まぁ遠い道のりなわけですよ。

且つ、これをする中で別のみつかったりしますしね、好きなもの。

これはメタルに限らず出来ることかなぁと。

結局は共通項を辿っていく作業です。

みんなデスメタルを聴いてくれ。

 

 

②デスボイスを出す

好きな曲はそりゃ歌いたくなる、当たり前ですね。

しかしデスボイスを用いる楽曲ではこのハードルがやけに高い...

そういった所を解消しようと、僕もこのブログだったり色んな人が色々してるわけですね。

 

これはもう記事を参照して貰えればですが、ゆっくり経路を示しましょう。

 

多分ですが

真似する⇒出し方を調べる⇒How to動画を見る⇒より調べる⇒以下ループ

みたいな感じではあると思います、結局は。

で、この試行回数が低い人ほど才能があると言われるわけです。

 

で、これをする前にまずですね...

falsechord.hatenablog.com

これを読んで頂ければなと思います、あと同リンク先の動画。

喉をしっかり使う下地があるか?というだけの事なんですけどね。

 

で、これが大丈夫そうだという事であれば...

falsechord.hatenablog.com

ここの後半を読んで頂いて、そのうえで「出し方」を選別して貰えればと思います。

そうすりゃ出ます、出るもんは出ます

 

で、歌うにあたっては...

falsechord.hatenablog.com

こちらをどうぞ、はい。

 

なんだかめちゃくちゃ適当な、まとめになってない?と思われるでしょうが

もう既にここにある事読んでググれば出来ると思うからです。

 

僕のブログは基本的に他所の補完がメインで狙ってます、動画も。

なので、他を見てよくわからなかったらとりあえずうちのブログを読んでください。

それでもわからない、伸びないとなったらレッスンですねって話です。

 

 

以上、2点でした。

 

②が雑になってしまいましたが、単に①について書いてこなかったが故の差かなぁと。

 

でも本当に、こう順を追っていけば簡単です。

まぁ順を追う根気が必要にはなりますが、根気でなく能動的にこれはされていくでしょう。

 

面白半分で読んで頂ければ幸いです。