読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デスボイスを考察する会(1人)

物好きがデスボイスを考えてます。

デスボイスとミックスボイス・ミドルボイス

雑記

スポンサードリンク

 

みたいな話です、散文です。

 

あくまで考察ですが、僕は凄い関係性が深いと思います。

まずその、ミックスボイスとかミドルボイスの認識に関して...

僕としては、ミックスボイス=全ての声くらいです。

ここからまず進めましょう。

 

世に言う「ミックスボイスの出し方」みたいなものは

「裏声と地声を混ぜます」という話をしますね、一般的に広く。

まぁまず、その混ぜるとは?って所ですよね。

 

これって結局、何かを上に持ちあげるのに腕と手を使いましょうみたいな話で

基本的に完全な分離は出来ないです、そう認識しています。

動画でざっくり言ってますが...

www.youtube.com

話し声もミックスボイスだったりする

と、僕は思っています。

で、結局はより好きな声へシフトしていくことが広義のボイトレかなと思ってます。

 

それにあたっては諸説というか、トレーナーの方々それぞれが思うやり方があるわけで...

そのアプローチを日々研究している、ような方々と僕はお話しさせていただく機会が多かったです。

声というのは難しいです本当に、興味がある方はまず音声学をお勧めしますね。

 

で、話は戻りまして...

要はデスボイスもミックスボイスを作り得るとは思うわけです。

僕の発声...歌うにも話すにも、結構癖があると思います。

一応、がなりという範疇だったら歌うとこんなんです。

普通に勝手に歪んでるのが少し面白いですね、まぁでも上とかは出ます。

で、それこそ上記音源とかはまさにミックスボイスでないと出ない音域でしょう、地声の定義もまた難しいですが、この音高・音域なら広義にはミックスでしょう。

がっつり話すのはちょっと自信ないので、是非「ミックスボイス 出し方」とか「ミックスボイス とは」とかで出てくるブログを参考にしてみましょう、トレーナーの方がベターです。

 

ここまで至るに、何をしたか?という、練習法的な部分ですが...

気合いでデスボイスを上まで出しただけです。

本当に、クリーントーンの音域はデスボイスにくっついてきました。

なので、関係性はあると思います。

もちろん、弊害はありますけどね...僕は色々苦労してます、高い声が出れば良いってわけでもないですもんね。

それこそ、がならないと安定感がかなり無くなります。

逆に言えば、単音ならあてられる音高は圧倒的に増えはしました。

全ての発声はそれぞれ密に繋がっているわけです...

 

まぁどうしたら歌えるようになるかは他所を参考にしてください、と。

あとこれフォールスコードスクリームですね、呼気ですもんね。

まぁ荒療治という認識でお願いします、荒療治っても痛くないですけどね、本当だよ。

荒療治たる理由はまた別の記事で...多分書くので。

 

と、つらつら書きましたが...

デスボイスは発声にかなり影響を与えるという話でした。

もちろんこれ、歪ませた音を基準とするので

多分クリーントーンに戻した時はまた別だと思います...

まぁでも、それこそクリーンとデスボイスどちらも1人でやっている人だともしかしたらもしかするかもしれませんね、未知の領域です。

 

ちなみにレッスンに来てくださった方に、声が大きくなったと感想頂きました。

また、メソッドを色々見てみるのも良いかと思います、単純に。

YUBAやロジャー、SLSにフースラーと...僕はそんなに知りませんが。

クリーンをやるならクリーントーンのメソッドが適切っちゃ適切です。

その中で、ノイズトーンと言われるものもやるかもしれませんが、まぁデスボイスは流石に知らないですね...メソッドを組み上げたいものです。

 

あと、ネットの情報はあまり信用し過ぎないようにしましょう。

僕はまぁなるべくそんな事はないようにしてますが、責任を追わなくて良いものですからね。

無償の情報にはそれなりにリスクが伴うことは念頭に置きましょう。

お金は責任です、有償で身にならなければそれは言いたい事を直訴する権利はあると思います。

が、それこそ動画やブログで見て「違ったぞ!うそつき!」と言うのは、うそつきという事実はあっても相手を咎める権利は無いと思います。

発信者がどういう人か見極めましょう... なので最近は金払ってボイトレやセミナーへ足を運ぶようにしてます、凄い面白い。

あと本買って読んでますね、面白いことは多いです。

情報ソースの所在を改めましょう、ってネットで言ってもですけどね!!!