デスボイスを考察する会(1人)

物好きがデスボイスを考えてます。

本ブログの概要


スポンサードリンク

 

ブログ概要です。

 

自己紹介

 

当ブログの運営者のいわおです、運営という程のことではないですが。

大学時代はサークルでデスメタル等のボーカルをカバーしていました。

 

大学入学時にはそこそこ歌えまして

有難いことに、「上手いね!」という評価を多く頂いていました。

ただ、出しておきながらこのデスボイス

「一体何をもって上手いと定義してんだ」

という疑問に駆られました。

 

それからというものの、デスボイスとは何なのかを追い求め

結果として、バンド活動には関心が向かず

デスボイスの発声原理や文化、芸術的可能性に興味が傾くに至りました....

 

当ブログの目的

 

紆余曲折ありまして、大学在学中1年半ほどデスボイスのレッスンなどしてました。

それにあたり、お世話になっているトレーナーの先生からの勧めで

質問の窓口兼情報の発信元として始まっております。

そのため、「デスボイスを教える」ということについてだったり色々名残があります。

 

基本的には僕の思いつくままに、デスボイスについてまとめていきます。

僕の意見や主張については更新日時の新しいものを参照して頂ければと思います。

少しずつ記事の整理はしていこうと思いますが

閲覧数がありがたいとかで消さないとか、あえて思考の変遷を残すことをしてます。

この点ご注意ください。

まぁ最新が正解ってわけでもないです。

 

記事を参考にしての練習における注意

 

よく、色んな所で

「あくまで個人の感想ですので、責任を負いかねます」

とか申してるサイト等々あると思います。

まぁ責任の持ちようは無いのですが、痛くしないという一点に気をつければ良いと思います。

 

トレーナーみたいな事をしていた期間で概算70名ほど直接指導しました。

大体の人はデスボイスを見つけられています。

が、中には痛い状態で終わる人もいました。

 

そこにおける相違点として、個々人の状態の違いを挙げています。

falsechord.hatenablog.com

気になる方は読んで、どうぞ。

 

というのも色々申してはいるので、ご確認ください。

まぁそれでわからなくてレッスンに来る人多かったんですがね、ガハハ。

 

実際、個人に合わせた誘導をしてあげないと難しいケースは多いので

当ブログの情報も過度に期待しないこと

ここは念頭に置いて頂ければと思います。

 

外部リンク

 

Youtubeに動画を少し上げています、わかりにくいでしょう。

www.youtube.com

 

Twitterもしています、何を言っているかわからなくない時が多いでしょう。

twitter.com

 

上のフォームからお問い合わせも一応可能です。

どうぞよろしくお願いいたします。