読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デスボイスを考察する会(1人)

物好きがデスボイスを考えてます。

主流は仮声帯だった

デスボイス フォールスコードスクリーム フライスクリーム 初学者向け How to考察

スポンサードリンク

 

お疲れ様です。

最近デスボイスよりも脳の構造に頭を悩ませている時間の方が増えています、こんな筈ではなかった。

 

本題ですね...

度々挙げてもきたり、散々デモンストレーションでも鳴らしてきましたが

呼気のフライスクリームは使われてない説

という話であります、一応出来るんですけどね。

 

というのも、少し前から疑問であったのと、御察しの有力なソース...というより、見解止まりですね、でも得られたのでこういう形に至ります。

 

 

 

まず、僕が常々言ってた事の訂正になります。

・フライは上、フォールスコードは下。ギャップの発声でミドルが抜けがち

と、よく話してきました。

これ歪みの箇所の話というより、単純にブレイクポイント由来の声帯バランスによる問題かと思いました、ごめんなさい。

「つまり、どういうこと?」という、レッスンを受けてくれた方はTwitterGmailを頂ければ、そちらでもうちょい突っ込んでご説明させて頂きます... そんなに難しい話しでもないんですけどね、情報のばら撒きは避けた方がベターかなと思う次第です。

 

聞き分けに関しても、もはや吸気しか信用できないですね僕は... あとはライブで音圧聴くしか無いです。

基本的に、呼気はフォールスコードスクリームだ という認識に変えて頂ければなと思います。

で、その中でも声量の大小や音があるまでですね... クリーントーンと同じです。

その、小さい且つ詰まった音をフライスクリームと誤認していました、申し訳ございません...

 

※あくまで2017/1/11現在の認識の変化として受け取って頂ければ幸いです。

 

そういうわけで、こうなるとhow to動画や記事がだいぶ選抜出来ますね!!

リテラシーが高まる!!

 

ノイズの歴史は長く、逆に現代根付いているクリーンの方が短い(受け売り)わけなので、僕はその辺の通時的な部分も多少抑えていきたいですね。

こうなると、フライスクリームの起源も気になる... まぁなんとなく予想はつけど、答え合わせが可能ならしたいですね。

 

皆様のより良いデスボイスライフをお祈りしています。

 

Twitter:burn_the_sky

Gmail:pmpmprn0416@gmail.com

 

 

歌声の科学

歌声の科学

 

 

 

最高の声を手に入れるボイストレーニング フースラーメソード入門〈DVD付〉

最高の声を手に入れるボイストレーニング フースラーメソード入門〈DVD付〉

 
うたうこと 発声器官の肉体的特質―歌声のひみつを解くかぎ

うたうこと 発声器官の肉体的特質―歌声のひみつを解くかぎ