読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デスボイスを考察する会(1人)

物好きがデスボイスを考えてます。

個々人のデスボイス観

デスボイス 雑記

スポンサードリンク

 

僕の思うところをつらつらするタイプの記事です。

 

未だに、何を持って良いものとするのかは難しいものです。

僕自身としては、声量のある響の豊かな、伸びやかなデスボイスを好んでいます。

これがなかなか、ボイストレーナーやボイトレマニアには受けが良く、ポジティブな印象を持ってくれて嬉しい限りです。

 

しかし、誰しもこのような声を理想とするわけでは無いのが実際と思います。

現状、個人における「良いデスボイス」とはアーティストに準拠するものでは無いかなと。

 

 

正直、僕としては自分のやっている方向性がベストだと思います。

しかし、表現方法という枠組みで考えたら歌声に正解はないわけですね。

ことデスボイスにおいては、その傾向が強いかなと思います。

喉を痛める事を良しとしない反面、それを承知の上で出音を求めてる人は少なくないでしょう。

だがしかしですね、これから出すぞ〜と意気込んでいる場合、それは落とし穴になります。

その音を目指せば、順当にダメージを負う事が大体でしょう。

それに、アーティスト本人が「(出音を重視した結果)痛めます」と言っても、汲み取れなければ「デスボイスは痛いのだ」となってしまいますね... 幅を持った上で出音を重視して、妥協してダメージを増やしているという人は数える程度でしか覚えがありませんが...

 

多分ここを見てる人に「デスボイスを出せるようになりたい!」みたいな、そういう漠然とした志しで歌声に取り組んでる人は少ないと思います... 聞こえが悪くなってしまいましたが、僕の知名度が皆無で、極一部かなりマニアックな声好きに多少知られているかなくらいなためです...

 

もしそういった、ネットサーフィン等で何かを掴もうとしている人がいたとしたら、そう簡単に歌えるようにならない事は念頭に置いて頂いて良いと思います。

既存のhow toのほとんどが音を出すまでで歌わず、且つ本人の成功体験に基づきます。

僕の経験則になってしまって申し訳ないですが、出来る人間が帰納法的に、1人で考え出した手法は通用しません、広くは。

それで出来たなら僕が口を挟む余地はありませんが、あまり簡易的な方法ばかり追わないようにして欲しいです。

 

もし、困っている方がいれば僕は手助けをします... 報酬は発生しますが、それだけの責任を負う気概があると受け取って頂ければ幸いです。

自己PRをするなら、先日もほとんどの人から歪みを見つけられましたし、出来なかった人の原因の検討をつけられたりはしました... その解決がまた時間を要したりするんですけどね。

ボイストレーナーの方々にもレッスンさせて頂く機会も多く、ご好評頂けています。

 

もちろん、僕のレッスンを受けるか否かも

ネットで得た知識や、知人から聞いたコツを試すのと同じ「ひとつの手段」です。

レッスンのお問い合わせが無ければ、僕はただ論文に向けての実験準備等をするまでですので、バイトもしてますし来てくれないと生活出来ないわけでは無いです。

 

なんだかんだこの声を5年は出してて、2年前からぼんやりとデスボイス単体で考えたりするようになり

ここ半年くらいで色々な人の声を聞き、多くのことを学びました。

ので、受けるか否か悩んでる方はまずはご相談からどうぞって所ですね。

 

gmail:pmpmprn0416@gmail.com

Twitter:burn_the_sky

 

 

最高の声を手に入れるボイストレーニング フースラーメソード入門〈DVD付〉

最高の声を手に入れるボイストレーニング フースラーメソード入門〈DVD付〉