デスボイスを考察する会(1人)

物好きがデスボイスを考えてます。

関西遠征終了です


スポンサードリンク

in大阪 感想文です。

 

 

27日の夜行バスで向かい、30日の夜行で帰るツアーでした。

大阪へ向かう前にお昼に1人見たので、それも含めてこの4日間で11人に教えさせて頂きました、皆さまありがとうございました。

ボイストレーナーを生業としてたらコンスタントにこれと思うと、改めて周りの方々は凄いパワフルだと思いました...

 

今回、このうち女性は1人でしたがかなり手こずったというか、無理でした。

「こういう事をする必要がありますね」というのは言えましたが、改めて歪みもといデスボイスってのは応用の域なのだなと感じさせられました... まぁ基礎をすっとばしても出来る人はというか、僕は脳筋でしたけどね。

というのもあり、年度が変わる前に女性で望ましい条件の方を見つけて経過を見たいなぁと... 諸々考えていることはまとめて、改めて発信はしてみると思います。

 

一方、他の10人の男性は全員歪みを見つけられました、やったぜ。

自由度にはかなり個人差があり、これはボイストレーナーだからとかそういうのは関係ないように見えました... もちろんトレーナーの方は飲み込みが早かったというか、理解のスピードが流石でした。

ピッチでいうと、低めに寄せた方が見つけられた人は多かったですね。

でも高めでも出来た人、高めで見つかった人もいました... 6:4か3:7くらいな感じでしょうか。

やはり、ここは個々人の声もとい癖に依存するものと思います。

今後は、より明確にこの傾向を掴めたらいいなぁと思います...今後があれば。

 

説明の部分において。

結構精度が上がったかなと思います、一定のパターンも出来て少しマニュアル化出来てきましたね、個人の中で。

デモンストレーションを交えた説明は好評でありがたい限りでした、「わかりやすい」というのは実際最高の褒め言葉ですね。

また、僕の出音にも良い反応頂けることが多く楽しかったです。

この生音を何も通さず耳で聞くことが大きいとも思いますので、フォールスコードスクリームの醍醐味を味わって貰えたと思います。

3日目にフォールスコードのピッグスクウィールの精度がかなり落ちたのがネックではありましたね... まだコンディションに依存してしまいますね。

課題点や新たな疑問点も見つかりつつ、でも徐々にわかることが増えて来たといった感じでした。

 

来年ですが、まぁ一応年始に多人数のを設けてはみてますが多分集まりませんね、仕方ないです。

それはそれとして、先述の通り好条件の女性を見つけて色々模索したいです、変な言い方ですが... 声の育ち具合及び癖とやる気ってだけではありますが、うーんなんとも。

また、まぁ流石にそろそろ武田梵声先生のもとへ行こうかなと。

仮声帯について色々お伺いして、あとはガムでみる芸能史みたいなのがあれば聞きたいなぁと。

あとは卒論を含めた予備研究とかしっかり始めたいですね、完全に抱負です。

 

直近だと1月3日にまた山本先生のセミナーへ参ります、ようやく声帯を人からしっかり学べる... バイトをずらして無事参戦です。

今年1年、自分史上一番アクティブな年になったと思います。

どこまでやれるか、やるのかわかりませんが、今後も僕はこういう角度でデスボイスを見つめていきたいです。

 

 

最高の声を手に入れるボイストレーニング フースラーメソード入門〈DVD付〉

最高の声を手に入れるボイストレーニング フースラーメソード入門〈DVD付〉