読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デスボイスを考察する会(1人)

物好きがデスボイスを考えてます。

デスボイスの聞き方 2016/12/06修正

デスボイス フライスクリーム フォールスコードスクリーム 初学者向け

スポンサードリンク

 

※加筆や修正箇所は【(文)】のところです。

 

凄い大きく出たような題ですが、耳を鍛えましょうという話です。

 

 

僕もかつてそうでしたが、それこそ「ボイストレーニング」という枠組みで見てる方は特に
デスボイスって誰がやっても同じように聞こえるかと思います。
外国人の顔が同じように見えるのと同じで、判別する経験値が足りて無いという事です。
人間は耳で音を学ぶわけです、こう書いてある文章で◯◯筋がどうこう言っても喉はそう簡単に調整出来ませんので...
 
そういうわけなので、聞く能力をつけるための大雑把ながら「コツ」のようなものを以下残していきます。
 
・フライとフォールスコードを聞き分ける
 
抑えて欲しい大きな点ですね。
フィーリングで言えば、フライは声がなくてフォールスコードは声があります。
 
とりあえず、こちらを
別窓で聞けたら聞いてみてください、1番(多分2分ないくらい)をなんとなく聞いてもらえれば大丈夫です。
これは僕の好きなImperial Circus Dead Decadanceという日本のバンドです、オススメです。
こちらピッチ高めなのはフライで低めなのはフォールスコードで〜としていましたが、どちらもフォールスコード説が最近濃厚です。
フレーズの中で、上がっていったり下がっていったりする所あるかと思いますが
その中で、割と露骨に圧が変化してるのが聞きやすいかと思います。
フライは声帯のみ、フォールスコードは声帯と仮声帯でと振動体の数が違うので顕著に機械越しでも感じ易いのだろうと... わかりにくかったらすいません。
「聞き分け」を目指すのであれば、少し時間をかけてこの曲だったりを聞いて違いをわかってもらえればなと思います。 
と、述べましたがフォールスコードでも意図的に音圧を下げてフライのような音に出来るんですよね...
僕がリブユウキ大先生の高めをフライと言いがちなのは、ピッグスクウィールの安定感及び圧に由来してます... 音高移動に無理がなく、音圧が低めな印象です。
正直なところ、生でこちらの指示で声を移動して具合見ないとわからないことが多いです。
フライの人は大体ミドルトーンで詰まるか歪ませられなくなります。
 
とりあえず弁明をするなら、フライらしさのあるフォールスコードもわりかし燃費がいい=呼気が少なめです、比較的ですが。
あの音を目指してブオォーと頑張ると痛いか歪み未満になります、音源からでもミックス前の音圧の違いに気付けるよう色々聞きましょう。
ライブとかは割とわかりやすいですが、あまりにも音いいのはいじられてるので個人がiPhoneで撮ってるタイプのとかを聞く事推奨です。
 
(僕は主にフォールスコードスクリームがメインの人間なので、掘り下げては別途記事にすると思います。)
 
・呼気か吸気か聞き分ける
 
これも是非とも抑えて貰いたい点です。
まず、吸気はフライスクリームしか鳴りえません... 構造上の都合です、あとソースとしては音声障害療法で仮声帯の過内転に対する処置として吸気発声が勧められてたのがあります。
(書籍についてはわかり次第編集で加えます。)
吸気での歪み...に限らず、吸気での歌唱を試みようとすると
結構子音で困ります、kとかtとかの無声破裂音が難しいです。
リリックも見ながら、kが聞こえるか否かでわかると言っても過言ではないくらい誤魔化してる人が多いです。
また、抑揚に違和感がありますね... デスボイスで何が抑揚じゃと思うでしょうが...
アタックが弱いと言いましょうか
とりあえず、こちらを
PVがB級スプラッターみたいなのでご注意を、30秒くらいから始まります。
これはcerebral boreというバンドです、女性がボーカルの時期の楽曲で一部界隈では有名ですね。
リリックが下に出てるので、見ながら少し聞いてもらうとわかりやすいと思います。
やたら口腔倍音使うので割りかしイレギュラーではあるんですけどね... 吸気のフライの方が口腔倍音は成り易いのもあります、これは無駄な力が入りにくいどうこうの都合でありますが。
 
 
 
まとめると...
・声の圧でフライかフォールスコードをききわけよう
・子音のアタックの強さで呼気か吸気か判断しよう
 
という話でした、多分わかりにくいです申し訳ありません。
そもそもとして、mixって凄い技術ですからね、耳を騙しにかかってます。
もちろん、その結果として音源はかっこよくなります本当に。
でも、学ぼうとするとそれは割と弊害なわけなのですね...
周りに音が出せる方がいるなら生音で聞かせてもらうようにするとかなり良いと思います。
まぁそれが出来たら苦労してる人はもっと少ないわけでしょうが... なので、現代技術と戦いながら自分の糧と出来るように頑張りましょう。
 
よくわからんという事があればどこへでもいいので質問をして頂ければ分かる範囲ではお答えします。