読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デスボイスを考察する会(1人)

物好きがデスボイスを考えてます。

デスボイスの呼び方


スポンサードリンク

あくまで僕はこう定義してます、というだけではありますが...

 
基本的に、デスボイスは2種類で分けてます。
・フォールスコードスクリーム
・フライスクリーム
このふたつだけです。
 

 

まずそもそも、デスボイスではなくてグロウルまたはスクリームでしょうという方はいると思います。
正直、これは伝われば良いと思うので好き好きで良いと思います。
が、国内ですとデスボイスが一番浸透していて且つ訂正したい方にも伝わるは伝わるのでそう呼んでます。
 
音域や音色について。
これもまた色々呼び方がありますが、チェストやミドル、ヘッドボイスと同じような物だとしてます。
抽象的なのでわざわざ分けなくても良いかと... 音色の印象は指数化出来ないですし、振動体である声帯も音が成される共鳴室も人それぞれ違いますし
筋肉のバランスも違うわけなので、定義づけが難しいです。
 
なので、「どこを使っているか」のみ見て名称を与えるまでで十分かなと。
 
フォールスコードスクリームはその名の通り、仮声帯という真声帯の上にあるヒダを使って声の質を歪みへ変えます。
フライスクリームは声帯のみで歪みを生み出します、それだけです。
 
また、フォールスコードスクリームにおける声帯は通常の声が成される振動をしています。
どちらも、声帯を使っていますから普通に高くも低くも出るはずではありますね。
あとは共鳴室、主に口腔がメインになりますが
そこが変わることで音色に変化が表れやすいと思います。
これは口をすぼめるのとグワッと開くので、体感的には同じ声を出してるつもりでも声の感じが変わりますよねというだけの話であります。
 
以上が大雑把ですが、ひとつ大きく厄介な名称についてで悩んでいる方に向けてのひとつ回答になります。
もちろん、それぞれの音色に名前をつけてあげるのも良いと思います。でも、それはその人の中で完結するものです。
あまりとらわれ過ぎない という選択肢がこれで増えれば幸いです。
 
また、練習にあたってですが
フライスクリームをやっているのかフォールスコードをやっているのか、しっかり理解して取り組みましょう。
歪みでも色々勝手の違う発声になります、色々ググってる方ならなんとなく「人によってかなり違うことを言っている」というのはお察しでしょうが...
 
月並みの情報ばかりと思いますが、メモも兼ねて少しずつ残していきます。